HEART & DESIGN FOR ALLとは?

HEART & DESIGN FOR ALL

「HEART & DESIGN FOR ALL」。

ハートはおもてなしの心や思いやりの気持ち。
デザインは、ユニバーサルデザイン。
つまり、誰もが使いやすいデザインを指しています。

このソフト面とハード面の両方が機能することが、
様々な個性を持つすべての人にとって
暮らしやすくなる社会に近づく原動力になる、
という趣旨です。

訪日観光客は年々増え、
目標とする2000万人突破も
早々に実現する見込みです。
また、国内に目を向ければ、
世界に類を見ない超高齢化社会が
着実に到来しつつあります。

現在、高齢者は約27%、3400万人。
また、障がい者は約6%、788万人。
LGBTは約8%、1000万人。
2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、
海外からのより多くの高齢者、
障がい者、LGBTの方が訪日すると予想されます。

今後、障害、性別、国籍、年齢などの
多様性への配慮は欠かせません。
「違い」に向き合い、
そこから新しい商品やサービスが生まれる
経済活動も活発になるはずです。
インフラはじめ様々な製品・商品やサービスにおいて、
「誰もが暮らしやすい」という共通理念が
最重要になってきます。

私たちはプラットフォームを作りました。
その「場」で企業・自治体・諸団体などの
皆様とともに情報発信や
意見交換などしてまいります。